日本のカレンダー2020年の水彩画

これらの絵は、日本の美しい田舎の県であり、私が住んでいる大分県の実際の場所からのものです。私はこれらの場所をよく知っていて、絵を描くのに私のお気に入りの出没地になりました。これらの絵画が日本の田舎の美しさ、魅力、雰囲気を見せたい。

このらせん状の壁掛けカレンダーは、8.5 x 11インチ(21 x 28 cm)、約A4サイズで、高品質の光沢紙で作られています。

以下は、カレンダーの絵と実際の場所とタイトルです。

1月

"黄金に輝く朝" 

(別府湾)

2月

"冬の木々" 

(湯布院)

3月

"川沿いをのんびりと" 

(湯布院)

4月

"桜をくぐりぬけて" 

(湯布院の大分川)

5月

"暮れゆく山々の影" 

(由布岳)

6月

"日暮れの田んぼ" 

(庄内)

7月

"水しぶきの中で遊ぶ" 

(大分駅の噴水広場)

8月

"霧のベールに包まれた山頂" 

(由布岳)

9月

"静かな田舎の散歩" 

(久住、ガンジー牧場周辺)

10月

"夕暮れ時のサイクリング" 

(大分川、わさだ周辺)

11月

"秋の散歩" 

(湯布院、金鱗湖)

12月

"闇から光へ" 

(久住、ガンジー牧場周辺)

カレンダーカバー

カレンダーの中に

カレンダーの価格は2500円で、これには日本国内への送料が含まれています。
カレンダーの絵画を示すビデオ。

Leave a Comment: