茅葺き屋根の日本の伝統的な建物の水彩画

日本の伝統的な建物の水彩画

私には金属細工の彫刻家である友人がいます。彼はまもなく湯布院という日本の小さな町で展覧会を開く予定です。そして彼は彼の展覧会で私の絵を2枚展示します。そして、私は風景画家で湯布院で展覧会が開かれているので、この町に行って絵を描いてみるのもいいと思いました。この話はその旅についてです。

臼杵の日本の田んぼの水彩画

私のひどい美術展

お店での小さな展覧会の話です。お店は臼杵という小さな町にありました。臼杵は大分県にあります。この町は多くの伝統的な建物、特に寺院で有名です。

阿蘇の山側で放牧している馬の水彩画

阿蘇の風景の水彩画

阿蘇は熊本県の美しい田園地帯です。 カルデラで有名です。 カルデラは山の輪に囲まれた盆地です。 この阿蘇の2枚の絵は2013年か2014年頃に描かれました。

大分川のドラマチックな空、水彩画

大分川のドラマチックな空、水彩画

今日は、空が美しくドラマチックに見えたので、空の絵を描きたいと思いました。とても曇り空でしたが、時々太陽が出てきました。それは私にとって刺激的なものでした。それで、ここは空の絵を描くのに最適な場所の1つなので、私は川に行きました。

近くの市内中心部と遠くの山々の美しい景色を望む道路の水彩画

美しいパノラマビューの道路の絵

私が住んでいる街ではたくさんの工事が行われています。そして、この建設により、街の美しいパノラマビューを備えた道路が作成されました。これはすべて偶然です。道路の隣が建物のない一時的な自然の荒れ地になっているからです。私は何度もこの場所に行って、この素晴らしい景色を上手に描いてみました。

ガラスのボウルに黄色いバラの束のシンプルな水彩画

私は花の絵を描かない理由

近頃は花の絵を描きません。私は花が嫌いではありません。実際、私は花が好きです。とても好きです。そして、私は花を描くのがかなり上手になりました。しかし、私が風景を描くのほうが好きです。そしてここでその理由を説明します。

大分川で美しい夕方の空の水彩画

大分川の水彩画

私は川のとても近くに住んでいます。大分川と呼ばれています。そして、私はこの川を描くのが大好きです。私はこの川の絵を何年にもわたってたくさん描いてきましたが、これらの絵のほとんどはあまり良くなく、私はそれらを捨てました。ここに、この川の初期の絵画の小さなコレクションがあります。これらの絵は良いので捨てませんでした。2013年頃にこの絵のシリーズを描いたと思います。

美しいまろやかな黄色の夕方の空と田舎の小道を歩いている人物の水彩画

美しいまろやかな黄色の夕方の空の画

美しい田園風景の水彩画です。 この絵は一連の絵の一部です。このシーンは私が2013年に訪れた場所からのものかもしれません。悲しいことに、私はもうこの場所の名前を知りません。 でも、この場所は大分市と福岡市の間のどこかにあると思います。しかし、これらの絵画のまろやかな夕方のムードと部分的に溶解した人物は、私の想像からのものでした。そんなシーンを思い描いていました。 あなたはそれを創造的なビジョンと呼ぶことができます。 そして、そのビジョンがこのシリーズに影響を与えました。

寝ている非常に幼い子供の鉛筆画

寝ている非常に幼い子供の鉛筆画

2012年、私は人生で最高の経験の1つを経験しました。 娘のアンが生まれました。 そのため、今年と次の数年間、外に出て風景を描く時間はほとんどありませんでした。 しかし、私は娘のスケッチをたくさんすることによって、この素晴らしい状況を利用しました。 そして、ここにそれらのスケッチのいくつかがあります。